SSブログ

『ドライブ&鎧武・MOVIE大戦フルスロットル』初日@新宿バルト9・鑑賞プチレポ! [仮面ライダー]

今やすっかり毎年の冬の恒例行事となりました(苦笑)平成ライダー
の先輩+後輩による共演劇場版・『MOVIE大戦』シリーズ。

今年は勿論、前作の『鎧武』と現在好評O.A.中の『ドライブ』による
コラボ作品になった訳ですけど、早速本日の公開初日を新宿バルト9
にて観て参りましたわよ~!!!

今日が初日とあって、都内各地のシネコンでは出演キャスト勢が舞台
挨拶を行っていましたが、私が鑑賞した新宿バルト9ではチーム・ドラ
イブのキャストの面々が集結してくれました!

個人的にはチーム・鎧武の皆にも新宿に来てほしかったんですけど
ねえ・・・愛しの戒斗君にお目に掛かれなかったのが、今日唯一の
心残りでございます!(T_T)

ちなみに新宿バルト9に登場したチーム・ドライブは次の方々でした。

◇竹内涼真君(泊進ノ介役)
◇内田理央ちゃん(詩島霧子役)
◇上遠野太洸君(チェイス役)
◇蕨野友也さん(ハート役)
◇吉井怜さん(沢神りんな役)
◇井俣太良さん(追田現八郎役)

午前中から都内各地を回って来たチーム・ドライブの面々にとって、
私が参加した13:30上映回の舞台挨拶は上映終了後と言う事もあり、
ある意味でネタバレO.K.と言うシチューエションはこの回だけだった
そうで、撮影時のエピソードや印象深いシーンの感想等いろいろ興味
深いトークが聞けて楽しかったですわよ~。

進ノ介君は登場早々何やら緊張気味に「ひとっ走り付き合えよ!」と
挨拶するもチェイス君から「そこはトップギアで宜しくっ!」等と
突っ込まれるし(苦笑)、ハート様は客席からの歓声に応えた後に
「ハーイ! 僕を呼んでくれたそこのキミ、今日から早速友達ねっ♪」
と実に気障な台詞で女性ファンのハートを鷲掴み状態でしたし、りんな
さんに至っては「りんな“先生”って呼んでねえ♪」とまるで何処かの高校
の女教師みたいなノリでしたし(笑)、『ドライブ』キャスト勢はとに
かくいろんな意味でフリーダムでございました!(^^ゞ

それでは私もこの場を借りて、今作の感想等を少々綴ってみたいと
思います♪

「自分が観るまでネタバレ駄目!」とお思いの方々は誠に申し訳
ありませんが、此処から速やかにお引き取り願います!m(__)m



◇『鎧武』編 ~進撃のラストステージ~

実は公開前から噂はあちこちから入って来ていましたが、とにかく
このパートの主役は何と言っても呉島兄弟でございましたわね~!

まあそもそも紘汰君は“惑星・紘汰(仮)”に襲撃して来た機械生命体
メガヘクスにこてんぱんに倒されちゃうし、舞ちゃんは舞ちゃんで
メガヘクスに拉致されてしまうしでこのパートでの二人の出番は終盤
以降でしたし、何より他のアーマードライダーズ達は既に変身アイテム
喪失状態でしたので、自ずと活躍出来るのは少なくともミッチと貴虎
兄さんしかいなかった訳で・・・。

変身出来ないと言う点では呉島主任も同様だったんですけど、今回は
ともかく呉島兄弟が中心で活躍する構成になっていただけに、ああ言う
変身アイテムの復活はごく自然な流れだったと思いましたね~♪
(その過程は是非とも各自劇場でお確かめを!)

今回の強敵・メガヘクスによって復活させられたプロフェッサー凌馬氏
VS貴虎兄さんの直接対決や、メガヘクスに囚われた舞ちゃんを必死に
救出しようとするミッチのひたむきさとか、二人それぞれと因縁のある
相手とのやり取りは思わずのめり込んで見入ってしまいましたわね。

あのTV本編・最終回(第47話)からどれくらいの時間が流れているのか
判りませんけど、呉島主任とミッチの兄弟仲はもうすっかり回復したと
断言しても良いような気がしました。

捨て身の戦法でメガヘクスを倒そうとする貴虎兄さんの戦う姿勢に暫し
躊躇いながらも、自分の兄の言葉を信じて必殺の一撃を放つミッチ。

そして序盤部分で倒された紘汰君が奪われた極ロックシードをメガヘクス
から奪還する為に彼らが取った連携作戦も凄く見応えがありました!

二人の最強っぷりを見届け終えて、ミッチは今度こそ近い将来的に貴虎
兄さんの心強い右腕になっていくに違いないわ!と確信した瞬間でござい
ました!

そんな感じでこのパートは終始呉島兄弟だけが目立っていた感じでした
けど、せっかく凰蓮さんやザック君、それに城乃内君も登場させるなら
序盤だけでなくせめてもう少し活躍させてあげて欲しかったなあ・・・。

◇『ドライブ』編 ~ルパンからの挑戦状~

お笑いコンビ・ピースの綾部さん(別名:熟女大好き芸人?笑)が敵役
ライダー・ルパン役で登場していたこのパートでは、進ノ介君とベルト
さんとの絆の強さを感じさせる一編だったと思いましたわね~♪

進ノ介君の絶体絶命の瞬間、ベルトさん自らが彼を庇ったが故に全機能
停止してしまい、進ノ介君が思わず号泣するシーンは観ているこちら側
としてもついついグッと来てしまいました。

りんなさんが修理しても一向に再起動しないベルトさんを進ノ介君が装着
したままでルパンとの再戦に臨んだ時、彼の周りに全てのシフトカー達が
大集結したシーンも何気にウルッとしそうになりました!

シフトカーちゃん達については、TV本編でもいろいろ意思表示をしていて
既に可愛い要素満載なんですけど、此処のパートでは彼らの健気な部分が
より強調されていて、余計に「あんた達、優しい事してくれるじゃない!」
とシフトカーの各ボディ部分をナデナデして褒めてあげたい気分になった
程でしたわよ!

・・・って言うかベルトさん、生前の姿が超優秀な科学者さんだったのは
重々承知していますけど、いろんな意味で詰めが甘いと言うか、ヤバ過ぎ
なのでは!?と思ったのは私だけではありますまいっ!(^^ゞ
(ロイミュードの出自に関しても少なからずあの方が関わっているような
御様子ですし・・・。笑)

◇『MOVIE大戦フルスロットル』編

『鎧武』パートと『ドライブ』パートの各敵キャラが融合を果たした事で
共通の敵となり、ここで紘汰君と進ノ介君が共闘する事になる訳ですけど、
ここで『鎧武』パートで登場しなかった主要キャラがまさかの復活を遂げ
ます!

彼こそ・・・愛しの戒斗君その人でございます!

実は戒斗君の復活も、『鎧武』パートに於けるプロフェッサー氏同様メガ
ヘクスの力によるものだったのですが、これと同じ展開(=敵側の力で
甦るケース)をつい最近何処かで観た事があるようなデジャブ感があった
んですよね~。(^^ゞ

嗚呼、そうだったわ!
10月に開催された『鎧武・ファイナルステージ』@中野サンプラザか!

当時のストーリーを思い出した私は、このパートでももしや?と言うある
種の期待感や予感がありました。

・・・そうしましたら案の定、やっぱりでしたわよ!

戒斗君はどのような形で復活しようとも(それが仮に地球に仇なす相手の
力によってであろうとも)、自分の強い意思が支配される事はありません
でした!

さすがはヘルヘイムの浸食にも耐え抜いた戒斗君、ちょっとやそっとじゃ
簡単に敵側に操られたりなんてしません!(^^ゞ

で、復活早々メガヘクスに反旗を翻した戒斗君は例によってツンデレな
言動(笑)で紘汰君に加勢してくれたりして、やっぱり素敵でしたわよ!

残念ながら、戒斗君の出番は予想以上に少なくてがっかりしたのですが、
まあでもTV本編では既に故人ですし(泣)、あたかも成仏出来ない亡霊
的な扱いで出番を増やされても可哀想ですし・・・仕方ないと言えば
仕方ないのかも知れません。

それから鎧武=紘汰君とドライブ=進ノ介君の共闘シーンではとにかく
終始クスッとしてしまう掛け合い漫才的な会話が多くて凄く楽しかった
です!(例のコラボ的フォーム・チェンジも含めて。笑)

序盤の『鎧武』パートでは自称・“宇宙の神様(笑)”的な雰囲気で何処か
神々しい存在だった紘汰君も、ここの共闘パートではTV本編初期の頃の
やんちゃ坊主な紘汰君に戻っていて凄く懐かしかったですし、紘汰君が
トライドロンの車内でイチイチ興奮する様子に呆れつつもわざわざ付き
合ってあげてる風の進ノ介君もなかなか良い味出していましたわねえ♪

このパートのラスト部分、かつての仲間達に別れも告げずに再び“惑星・
紘汰(仮)”へ戻って行こうとする“宇宙の神様&女神様(笑)”の元へ
集まって来てくれた呉島兄弟や他の元・アーマードライダーズの面々
との再会シーンも何だか凄く心にグッと来ました!
(この中に、戒斗君だけ不在と言うのはやはり寂しかったですけど。)

呉島主任がわざわざ紘汰君達を引き留めたからには、きっと阪東さんの
待つドルーパーズに立ち寄ってプチ・パーティーでも催したのではない
でしょうか?

勿論、その際には紘汰君のお姉さんも招待しているに違いないわよね?
って言うか、彼女不在では呉島主任が絶対に納得しないでしょ?(^^ゞ

今回の後日談を以って『鎧武』と言う作品が本当の意味でエンディング
を迎えてしまったのかと思うと改めて淋しくて仕方ないんですけど、
実は来年以降も『鎧武』ワールドは更に広がって行くみたいですっ!

と言いますのも、奇しくも今日付で情報解禁になったのですが、何と
来年4月下旬に『鎧武・外伝』と銘打ったVシネDVD&Blu-rayの発売が
決定したのでございます!

『鎧武・外伝』での主役は・・・何と何と、呉島主任と戒斗君!!!

どうやら2作品で1商品扱いらしく、つまり1巻辺りに2話分収録と言う
感じになるのかも知れませんわね♪

今作の時間軸としてはTV本編での第20話辺りだそうですが、そのTV版
では語られなかった真実が明かされる模様です。

TVシリーズ終了後にVシネ作品がリリースされるのは、実に『W』以来
のケースになる訳ですけど、改めて『鎧武』の人気が高かった事を思い
知らされた気がしました。

当然ながら、今から既にお買い上げほぼ確定でございます!
来年も貴虎兄さんや戒斗君の活躍が観られると思うとホントにワクワク
して来て仕方ありませんわよっ!

と言う訳で更に広がる『鎧武』ワールドへの期待と今回の劇場版で先行
登場した新ライダー・マッハの今後の活躍が楽しみな『ドライブ』を
これからも注目していきたいと感じた、『MOVIE大戦フルスロットル』
でございました!


SURPRISE-DRIVE (CD+DVD)

SURPRISE-DRIVE (CD+DVD)

  • アーティスト: Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE
  • 出版社/メーカー: avex trax
  • 発売日: 2014/12/03
  • メディア: CD




SURPRISE-DRIVE

SURPRISE-DRIVE

  • アーティスト: Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE
  • 出版社/メーカー: avex trax
  • 発売日: 2014/12/03
  • メディア: CD












鎧武/ガイム外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン [Blu-ray]

鎧武/ガイム外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: Blu-ray




鎧武/ガイム外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン [DVD]

鎧武/ガイム外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。