SSブログ

『エグゼイド』のファーストインプレッション♪ [仮面ライダー]

9月最終週で1年間の役目を終えた前作・『仮面ライダーゴースト』の後を受け、
去る10/2(日)からいよいよスタートした平成仮面ライダーシリーズの最新作・
『仮面ライダーエグゼイド』。

先日のブログ記事でも書かせて貰いましたように、今作ではゲームバトル×
医療ドラマと言う異色のコラボ作品として1年を通して描かれて行くようです。

まず第1話のO.A.が終了した訳ですけど・・・私個人的にはなかなかの好感触
だったなあ、と思いましたね。

冒頭部分では一般的な医療ドラマのオープニングを思わせるような始まり方
でしたし、今作の主役・永夢君が咄嗟の判断でエグゼイドにいきなり初変身
してからの敵=バグスターとのバトルもあたかもゲーム端末の画面を見せら
れているかのようでしたし(効果音とか攻撃中に表示される文字等)、何よりも
ストーリー展開のテンポが割と良かったな♪と感じました。

そしてエグゼイドのデザインについてですけど、8月初旬にO.A.された『アメ
トーーク!』に初お披露目された時のレベル1を観た時の感想は「ちょっと何
なのよ~? こんなデフォルメ・キャラが仮面ライダーなの!?(苦笑)」等と
一瞬だけ我が目を疑ってしまいましたが、いざ今作が実際に始まってレベル1
の活躍を観てみますと、意外にもちょこまかとコミカルな動きでなかなか可愛く
見えてしまったんですよね~。(^^ゞ

そんな可愛いレベル1がライダーとしての本来の姿とも言うべきレベル2へと
進化変身する訳ですが・・・こう言うピンク系のカラーリングを施したライダー
って何気に『ディケイド』以来ではありませんか?

平成ライダーシリーズは『エグゼイド』に限らず、これまで毎回斬新なデザイン
とカラーリングで私を含めた全てのライダー・ファンを驚かせるものでして・・・
序盤の頃こそ違和感を感じるものの、それも次第に慣らされて行くと言うのが
毎年のお約束になりつつあります。(苦笑)

エグゼイドの他にも、ブレイブやスナイプ、ゲンム等の複数ライダー達が今後
登場する予定ですが、どれもこれもいかにもゲームキャラっぽいデザインに
なっているのが今作の一番の特徴と言えると思います。
(両目の部分に関しては一見すると某・SDガンダムっぽく見えなくもない気が
するんですがねえ~。苦笑)

又、出演キャスト陣にも目を向けてみますと、今作でも本格的な演技は初体験
となるであろうフレッシュな若手イケメン俳優君達が目白押しでして、取り合えず
私個人的にはブレイブこと飛彩君とゲーム会社社長の黎斗君に注目してみる
つもりでございます!

飛彩君に関しては、同じテレ朝系列の某・医療ドラマの如く"失敗しない外科医
(苦笑)"との異名を取るクールなお医者様のようでもろに私好みのキャラですし、
今作でのライダーシステムを開発した黎斗君についても、もしかしたらいずれは
彼もライダーの資格者となって行くような気がしてなりません。
(或いは黎斗君、既にもうライダーとして暗躍していそうな予感もあったりします
けど、彼の謎めいた正体は追々明らかになって行く事でしょうね。)

更に今作のヒロインが生身の人間の姿を借りるゲームキャラ(つまりは二次元
の存在)だと言うのもこれまでにない新たな試みになっていますし、第2話以降
の展開がより一層楽しみになって来ました!

何はともあれ、まだ始まったばかりの『エグゼイド』の世界観をじっくり見守って
行こうと思っております♪


仮面ライダーエグゼイド キャラクターブック LEVEL.0 ~SELECT→PLAY~ (TOKYO NEWS MOOK 569号)

仮面ライダーエグゼイド キャラクターブック LEVEL.0 ~SELECT→PLAY~ (TOKYO NEWS MOOK 569号)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2016/10/01
  • メディア: ムック



コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。